wimax2 新製品

WiMAX 2+対応端末の新製品。どのWiMAX端末がお勧め?選び方は?

WiMAX 2+対応端末の新製品についてご紹介します。どのWiMAX端末がお勧めなのか、その選び方についてもご紹介します。あなたの使用目的にぴったりのWiMAX端末を手に入れて、快適なインターネットライフを過ごして下さい。

WiMAX 2+対応端末の新製品。どのWiMAX端末がお勧め?選び方は?

WiMAX 2+対応端末の新製品。どのWiMAX端末がお勧め?選び方は?

WiMAX 2+に対応している新製品は次々と登場しています。
ただ、WiMAX端末の機種が多いので、どのWiMAX端末を選択すれば間違いがないのか分かりにくい部分はあります。

各WiMAX端末にはそれぞれ特化している部分がありますので、あなたの使用用途に合っているものを選ばなければ宝の持ち腐れになってしまう可能性もあります。

実は、私もそうでした。
どのWiMAX端末を選べば良いのか良く分からず、取り敢えず1番新しいものを選べば良いかと言う感じでWiMAX端末を選んでしまいました。

幸い、当時購入したWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は当時ラインナップされているWiMAX端末の中で全ての面で高性能だった機種でした。
ですから、特に問題はなかった訳です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15

ですが、今は違います。
現在ラインナップされている各WiMAX端末は得意とする部分が全て異なり、それぞれ強みとなる部分が異なります
全てのスペックが1番と言うWiMAX端末はありませんので、それぞれの性能を把握する必要性があるのです。

そこで、あなたにぴったりのWiMAX端末が見付かるヒントをご紹介します。
より自分に合ったWiMAX端末を見付けて、より利便性の高いインターネットライフを手に入れて下さい。

現在ラインナップ中の新製品のWiMAX端末

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の特徴としては、au 4G LTEと言う通信回線を使用したハイスピードプラスエリアモードに対応している点が挙げれます。

au 4G LTEは、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応した通信回線となります。
広大なauの通信網を使って通信を行いますので、圏外表示されてインターネットが繋がらないと言う場面を減らす事が出来ます。

また、au 4G LTEはプラチナバンドと呼ばれる低周波数の帯域を使用して通信を行います。
ですから、障害物に強い特性を持っていて、奥まった場所にも電波が到達しやすいです。

プラチナバンド

そんなau 4G LTEですが、実際にどれだけの通信エリアをカバーしているのかについては、下記サービスエリアマップにてご確認下さい。

ちなみに、au 4G LTEは有料の通信回線となっています。
一度でも利用すると、その月は1,005円のLTEオプション料が請求されてしまいます。

ただし、auスマートバリューmineをご利用中の方であれば、このLTEオプション料が無料になります。
新たに加わったこのキャンペーン特典により、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の人気は更に増しています。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の特徴としては、4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの同時利用が出来る点が挙げれます。
その結果、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の下り最大通信速度は440Mbps出ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)

この通信速度は、WiMAX端末最速の通信速度になります。
しかも、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のように有料回線であるハイスピードプラスエリアモードを使用しない状態での下り最大通信速度440Mbpsです。
気軽に利用出来る通信回線でこれだけの通信速度が出せますので、そう言う部分が魅力的です。(要検討!WiMAX 2+通信に対応した、WiMAX端末の新製品の選び方より)

また、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は上りの通信でもキャリアアグリゲーションを行う事が出来る技術を搭載しています。
この機能を搭載しているモバイルルーターは、実はSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が業界初となります。

novas Home+CA

novas Home+CAの特徴としては、無線で16台、有線で2台の機器を同時通信出来る点が挙げれます。
と言うのも、novas Home+CAは2つのSSID2つのEthernetポートを内蔵しています。

novas Home+CAの同時接続数

それらを使って、複数台の機器を同時通信する事が出来るのです。

上記の2台のWiMAX端末だと、無線で最大10台の機器までしか同時通信出来ません。
また、有線通信をするとなると別売りのクレードルが必要になります。
そして、クレードルを使用したとしても、有線通信は1台までとなります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードル

そう考えると、novas Home+CAがどれだけ多くの機器を同時通信する事が出来るかが分かるかと思います。

各WiMAX端末の特徴のまとめ

ご紹介して来た内容をおさらいします。

まず、通信可能エリアについてはSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)が最も広いエリアでの通信に対応しています。

各WiMAX端末の対応通信モード
WiMAX端末の機種 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
novas Home+CA

続いて、通信速度についてはSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が最も速い速度で通信を行えます。

各WiMAX端末の下り最大通信速度
WiMAX端末の機種 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34) 220Mbps 370Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33) 440Mbps
novas Home+CA 220Mbps

最後に、同時通信数に関してはnovas Home+CAが最も多い台数の機器を同時通信出来ます。

各WiMAX端末の同時通信数
WiMAX端末の機種 無線 有線
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34) 10台 1台
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33) 10台 1台
novas Home+CA 16台 2台

これらの特徴を考慮しつつ、ご自身の用途に合ったWiMAX端末を選択しましょう。

最新のWiMAX端末代が格安価格に!?

ご紹介して来た各WiMAX端末ですが、通常価格で購入する場合は20,000円掛かります。
ですが、WiMAXサービスの導入時にこれだけの金額を支払うのは大変です。

WiMAXサービス導入時に端末代を支払うのは大変

そこで、WiMAX端末代が特別価格になるキャンペーン特典を利用しましょう。
このキャンペーン特典を利用する事で、負担なくWiMAXサービスの導入を行う事が出来ます

WiMAX端末代が格安価格になるキャンペーンを行っているのは、UQ WiMAXです。
UQ WiMAXでWiMAXサービスの申し込み手続きを行う事で、このキャンペーン特典を利用する事が出来るようになります。

↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX

まとめ

どのWiMAX端末を選ぶのかが重要!

ご紹介して来たように、どのWiMAX端末を利用するかによって、WiMAXの環境は異なって来ます
どこでも繋がるような通信環境が欲しいのか、それとも、よりサクサク快適にインターネットを行いたいのか。
また、家族で複数台のパソコンやスマートフォンを通信するのに利用する方もいるでしょう。

家族でインターネットを楽しむ

それぞれのWiMAX端末によって用途が異なる訳で、例えば、家族で1台のWiMAX端末を共用するのであれば、外に持ち運べるタイプのWiMAX端末は不要な訳です。
と言うのも、家族1人がWiMAX端末を外に持ち出すと、他の家族全員がインターネットを利用出来なくなってしまいます

どうせ外に持ち出さないのであれば、バッテリーが内蔵されていない分、バッテリーの減りを考慮せずにパフォーマンス重視で作られているnovas Home+CAの方が良い訳です。
novas Home+CAなら、Wi-Fiの届く範囲も他のWiMAX端末より広いです。

novas Home+CA

こう言う考え方でWiMAX端末を選べば、割と失敗は少ないです。

そして、WiMAX端末によってインターネット環境は大きく変わるものの、月額料金は同じな訳です。
光回線の場合、契約する通信速度のタイプで月額料金が全く異なります。
そう考えると、WiMAX端末選びがどれだけ重要なのかがお分かり頂けるかと思います。

UQ WiMAXが、期間限定でよりお得に!

ご紹介しているUQ WiMAXですが、実は今、期間限定で商品券のプレゼントキャンペーンを行っています。
勿論、商品券を受け取ってもWiMAX端末代は特別価格で購入出来ます

商品券のプレゼントキャンペーン

条件は何も悪くならない状態で、商品券だけが付いて来る形になります。
でしたら、キャンペーン期間内で申し込み手続きを行いたいものです。

ですので、各WiMAX端末を格安で手に入れたい方は、お早めの手続きをお勧めします。

↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX

 

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。